ブリルエッチHOME > インフォメーション > 外見ばかりを気にするのは、自信のなさのあらわれ。

ブリルエッチインフォメーション

外見ばかりを気にするのは、自信のなさのあらわれ。

 

すえながひとみ です。

 

 

 

40歳過ぎて何年も経ち、
アラフォーというより、
アラフィフの方がだんだん近くなってきても、

「キレイですね」とか「可愛いね」と言われるのは、やっぱ嬉しいもの^^



キレイになりたい
若々しくいたい
っていうのは、多くの女性の共通する想いです。

 

 

 

 

%e3%82%b3%e3%82%b9%e3%83%a2%e3%82%b9

 

 

 

 

ただ、見の美しさだけに固執し過ぎてると、
年を重ねるにつれて、自分への自信はなくなってきます。

 



だって、どんなに頑張っても
外見ってだんだん老いていきますから。

 



これは、世界中の全ての人に共通すること。
誰も避けることはできません。




わたしの観察&経験上、
外見だけの美しさで通用するのって、30代半ばまで だと感じます。



それ以降の年齢の人で、
外見だけで自分を魅せようとしてる人は、ちょっと痛々しい…。


いい年して中身空っぽやん! ってイメージがでる。





あ、誤解のないようにいうと、
外見はどーでもいいってワケじゃなく、
もちろん外見を磨くことは大切。



でもそれは、
老いる自分を否定し、必死に若さにしがみつくためのものではなく、
自分を大切にするって意味の行為 って感じ。






しかも怖いことに
老いていく自分に自信をなくしてると、

若くてキレイな子にヤキモチを妬く年増女!

になってる可能性大です…。怖!




世の中には
昔よりも今の方がずーっとキレイで、
若い子も憧れるステキな大人の女性もたくさんいるっていうのに。



ステキな大人の女性の多くは…

 

 

 

つづきは→ こちら

 

 

 

 

 

講座・セミナースケジュールはこちら

メルマガの登録はこちら

お問合せはこちらからどうぞ(24時間受付)