ブリルエッチHOME > インフォメーション > 40歳過ぎたら「若さ」だけ求めても魅力はでない 〜自然な美しさの秘密〜

ブリルエッチインフォメーション

40歳過ぎたら「若さ」だけ求めても魅力はでない 〜自然な美しさの秘密〜

 

すえながひとみ です。

 

 

名古屋での講座を終え福岡に戻り、

事務ワークでいっぱいになっています^^;

 

 

先週末は、
認定トレーナー講座を開催。


2日間、みっちりと濃い内容でお伝えしました。
(毎回、時間が足りないくらい…!)

 

 

 

なな

 

 

 

 

これからは名古屋でも
ハッピースマイルインストラクター養成講座を受けることが出来ます!

 

 

 

 

 

さて本題。

 

 

 

 

ある年齢を過ぎると、

「若いですね^^」


と声をかけられるのは、やっぱ嬉しいもんです♪




ありがたいことに、
わたしもよくそう言っていただいてます♡




女だったら、
いつまでも若々しく&美しくいたいって、誰でも思うのが正直なところ♡

 

 

 

 

 

ただ、
「若いね」って言う褒め言葉は、時には要注意な場合があるんです。

※もちろん、言った相手も気づいてないです。





それは、

「若いね」っていう言葉が
「幼いね」ということを意味する場合。



<若い><幼い>は意味合いが違います。


 

若い = −10歳のような美しさ

 

幼い = 子供みたいな幼稚さ  





「若いね」と言われて喜んでても
相手が「幼い」と感じていたら、喜んではいられんってこと。



ようは、ココロがまだ子供。
幼稚な内面が見た目にでてるってことですから。




年はとってるけど、
内面は大人になりきってないという人、けっこう多かったりしますもん。





こういう<ココロが子供の人>って、
問題や悩みを、人や環境のせいにしちゃう傾向がある。



あの人が◯◯したから、とか
親が△△って言ったから、とか
世の中が~だから、とか

原因を外に見つけては、責任から逃げていきます。





そうやっていつも誰かを責めてるので、
何かあったら自分も責められる、って無意識で思ってます。



自分で責任をとるのが怖いから、

自分で決めれない
人に合わせる(流される)
正解を求め過ぎる(間違えるのが怖い)




だから、何かしようとしても進めないんですね。



そして究極は


「どうせ、私が全部悪いんでしょ」 とやけになって拗ねたりもする…。




つき合ってられんって…。





逆に、
<コココロが大人な人>は、誰のせいにもしません。



問題や悩みの原因を、客観的に判断しますから。




解決に近づけるため、
そして自分の成長のため、「学ぶ」ということを続けています。



自分で決めたことに自分で責任を持ち
別に失敗したからといって
誰かを責めたり、ましてや自分を責めたりもしない。


「じゃ、違う方法でやろ^^」 くらいの感覚です。

 

 

 

海中 小

 

 

 

 

<幼い>ということは、
自分に責任がもてないということ。


自分に責任がもてない人は
当たり前に「自分らしく」は生きれません。



だって「自分らしく」って、
自分のココロに素直な行動をすることですから。




だから大人な女性って、
内面からの「その人らしさ」が自然と魅力としてでているんです。





ここまで読んで、
「あー、私には無理っぽいわ」 なんて思わんでも大丈夫^^


「責任」って言葉は、
誰だって、なんだかちょっと怖い感じがします。




それに少しずつ慣れていく方法を、
講座では<心理><笑顔>をとおしてお伝えしています。



 

 

1人でも多くの人が、その人らしく輝きますように。

 

 

 

 

 

 

講座・セミナースケジュールはこちら

メルマガの登録はこちら

お問合せはこちらからどうぞ(24時間受付)